Nipponham
日本ハムのホームページへ 中央研究所のトップページへ
日本ハム中央研究所
研究所情報 研究所開発製品 スポーツ食育 関連サイト
ニュース レポート 機能性食品素材 検査キット スポーツ食育 関連サイト
コラーゲンペプチド
コラーゲンペプチド
     
 

コラーゲンとは

 
  コラーゲンは皮膚や骨の主要なたんぱく質で、体内のたんぱく質の約1/3を占めています。また皮膚組織では真皮に存在し、皮膚の強さ、弾力性などの維持に働いています。このコラーゲンを酵素などで分解し、比較的低分子化したものが、コラーゲンペプチドです。  
     
 

素材の特長

 
  コラーゲンは皮膚に多く存在することから、主に動物の皮から抽出・精製して作られます。 摂取することにより、お肌の乾燥を防ぐ美容機能および骨の健康を保つ機能が期待されています。
また、水溶性で味やニオイが少ないため、健康食品や美容ドリンクのほか、プリンやアイスクリームなどの食品、デザートなどにも広く利用されています。
 
     
     
 

機能性データ

 
  1) 肌の保湿機能 (参考文献1)  
  コラーゲンペプチド1000mgを含有したスープを1日1食ずつ、9月から11月の空気が乾燥する季節に摂取していただき、右前腕部の肌の水分量を測定しました。その結果、スープを摂取しなかった群と比較して、肌水分量が高く保たれました。  
     
   
     
  2) 骨形成促進機能 (参考文献2)  
  閉経後の50代女性にコラーゲンペプチド6gを1日1回、3ヶ月間摂取していただき、摂取前後の骨量(超音波骨評価装置にて)および血清ALP(骨形成指標として)を測定しました。その結果、対照群では骨量が減少するのに対し、試験群では骨量を保っていました。また、試験群では血清ALPが上昇しているのに対し、対照群では変化がありませんでした。  
     
   
     
     
 

参考文献

 
  1) 塩田 紀子ら, Food Style 21 Vol.3 No.8(1999)
2) 渡辺 洋一郎ら, 第59回栄養・食糧学会大会(2005)
 
     
     
 
この素材のお問い合わせは下記の窓口までお願いいたします。
日本ハム(株) 中央研究所内 ヘルスサポート課
〒300-2646 茨城県つくば市緑ヶ原3-3
TEL. 029-847-7813  FAX. 029-848-1256
お問い合わせフォームはこちら
 
     
  このページ中の資料、データの無断使用・転用は固くお断りいたします。  
     
  エラスチンペプチドコラーゲンペプチドII型コラーゲンペプチド
イミダゾールジペプチド(カルノシン・アンセリン)含有チキンエキス植物性乳酸菌プラセンタエキス
 
     
     
  機能性食品素材 トップへ >>