Nipponham
日本ハムのホームページへ 中央研究所のトップページへ
日本ハム中央研究所
研究所情報 研究所開発製品 スポーツ食育 関連サイト
ニュース レポート 機能性食品素材 検査キット スポーツ食育 関連サイト
2型コラーゲンペプチド
II型コラーゲンペプチド
     
 

II型コラーゲンとは

 
  体内のたんぱく質の約1/3を占めるコラーゲンですが、その構造の違いにより19種類以上のタイプ(型)があるといわれています。これらのタイプの異なるコラーゲンは、「I 型」「II 型」などのように、 ローマ数字を使って区別されています。
II 型コラーゲンは、主に関節軟骨や目の硝子体に存在するコラーゲンです。
(一般的に美容機能をもつとされるコラーゲンは皮膚や骨などに多く含まれているI 型コラーゲンで、体内で最も多く存在するコラーゲンです。)
 
     
 

素材の特長

 
  II 型コラーゲンは軟骨に多く含まれていることから、鶏の胸骨軟骨や豚の気管軟骨を原料とし、軟骨エキスとして抽出されます。関節炎の発症を抑制する機能が期待されています。
 
     
 

機能性データ

 
  1) 関節炎の発症抑制機能 (参考文献1)  
  関節炎誘導試薬を投与したラットに、1日に50mg/kg体重の熱変性II 型コラーゲンを継続して投与して、後足の体積による腫れの度合い(腫脹度)と関節の形態を観察しました。その結果、対照群と比べて関節の腫脹および炎症が抑制される傾向を確認しました。  
     
   
 

参考文献

 
  1) 塩田 紀子ら, Food Style 21 Vol.3 No.8(1999)  
     
     
     
 
この素材のお問い合わせは下記の窓口までお願いいたします。
日本ハム(株) 中央研究所内 ヘルスサポート課
〒300-2646 茨城県つくば市緑ヶ原3-3
TEL. 029-847-7813  FAX. 029-848-1256
お問い合わせフォームはこちら
 
     
  このページ中の資料、データの無断使用・転用は固くお断りいたします。  
     
  エラスチンペプチドコラーゲンペプチドII型コラーゲンペプチド
イミダゾールジペプチド(カルノシン・アンセリン)含有チキンエキス植物性乳酸菌プラセンタエキス
 
     
     
  機能性食品素材 トップへ >>