Nipponham
日本ハムのホームページへ 中央研究所のトップページへ
日本ハム中央研究所
研究所情報 研究所開発製品 スポーツ食育 関連サイト
ニュース レポート 機能性食品素材 検査キット スポーツ食育 関連サイト
P-エラスチン
エラスチンペプチド
     
 

エラスチンとは

 
  エラスチンは皮膚や血管など弾力性のある組織に含まれているタンパク質。コラーゲン線維を束ね真皮を支えているが、皮膚中のエラスチン量は20歳代後半をピークに減少していくことから、若々しいお肌に重要な成分といわれています。  
     
 

素材の特長

 
  エラスチンペプチドは、豚血管(主に大動脈)からエラスチンを高純度に抽出し、ペプチド化して水溶性にした機能性素材です。お肌のシワやたるみを予防する美容機能が期待されています。  
     
 

機能性データ

 
  1) 線維芽細胞の活性化 (参考文献1)  
  ヒト線維芽細胞の培養液中にエラスチンペプチドを添加して、5日間培養したときの繊維芽細胞数とコラーゲン産生量を測定しました。その結果、対照群に比べてエラスチンペプチドを添加したときの繊維芽細胞数とコラーゲン産生量が増加し、繊維芽細胞が活性化されました。  
   
     
  2) 皮膚の粘弾性 (参考文献2)  
  成人男女13名にエラスチンペプチド100mgを含むドリンクを1日1本ずつ、8週間摂取していただき、頬の皮膚粘弾性を測定しました。その結果、摂取前と比べて頬の皮膚粘弾性が向上しました。  
 
 
   
     
     
 

参考文献

 
  1) 早川 徹 ら, 食肉の科学, 48, 145-150 (2007)
2) 佐藤 三佳子 ら, 日本栄養・食糧学会 第62回大会(2008)
 
     
     
 
この素材のお問い合わせは下記の窓口までお願いいたします。
日本ハム(株) 中央研究所内 ヘルスサポート課
〒300-2646 茨城県つくば市緑ヶ原3-3
TEL. 029-847-7813  FAX. 029-848-1256
お問い合わせフォームはこちら
 
     
  このページ中の資料、データの無断使用・転用は固くお断りいたします。  
     
  エラスチンペプチドコラーゲンペプチドII型コラーゲンペプチド
イミダゾールジペプチド(カルノシン・アンセリン)含有チキンエキス植物性乳酸菌プラセンタエキス
 
     
     
  機能性食品素材 トップへ >>