Nipponham
日本ハムのホームページへ 中央研究所のトップページへ
日本ハム中央研究所
研究所情報 研究所開発製品 スポーツ食育 関連サイト
ニュース レポート 機能性食品素材 検査キット スポーツ食育 関連サイト
植物性乳酸菌
植物性乳酸菌(HSK201)
     
 

植物性乳酸菌とは

 
  植物性乳酸菌とは、植物または植物を原料とした発酵食品から単離した乳酸菌の総称です。
植物性乳酸菌を含む代表的な食品には、糠漬(ぬかづけ)やキムチなどの漬け物、味噌などがあります。
 
     
 

素材の特長

 
  HSK201(Lactobacillus plantarum HSK201)株は、日本ハムが アレルギーの研究を行う中で選抜したザワークラウト(キャベツの漬物)から単離された植物性乳酸菌です。アレルギーを抑制する機能が期待されています。  
     
   
     
 

機能性データ

 
  1) 抗アレルギー機能 (参考文献1)  
  鼻アレルギーモデルマウスにLactobacillus plantarum HSK201を継続摂取させ、抗原(OVA)を点鼻したときのくしゃみや鼻かきなどの回数、OVAに特異的な血清IgE抗体濃度を測定しました。その結果、対照群と比較し、アレルギー症状の緩和および抗体濃度の低下を確認しました。  
     
   
     
 

参考文献

 
  1) 長谷川 隆則ら, 農芸化学会関東支部2007 年度大会(2007)  
     
     
 
この素材のお問い合わせは下記の窓口までお願いいたします。
日本ハム(株) 中央研究所内 ヘルスサポート課
〒300-2646 茨城県つくば市緑ヶ原3-3
TEL. 029-847-7813  FAX. 029-848-1256
お問い合わせフォームはこちら
 
     
  このページ中の資料、データの無断使用・転用は固くお断りいたします。  
     
  エラスチンペプチドコラーゲンペプチドII型コラーゲンペプチド
イミダゾールジペプチド(カルノシン・アンセリン)含有チキンエキス植物性乳酸菌プラセンタエキス
 
     
     
  機能性食品素材 トップへ >>