Nipponham
日本ハムのホームページへ 中央研究所のトップページへ
日本ハム中央研究所
研究所情報 研究所開発製品 スポーツ食育 関連サイト
ニュース レポート 機能性食品素材 検査キット スポーツ食育 関連サイト
レポート
  【過去のレポート】  
     
  抗菌ペプチドをプローブとして利用した微生物検出法の開発  
    相沢智康1、米北太郎2、北條江里2
(1北大、2日本ハム中研)
 
  BIO INDUSTRY:3月号, 42-48(2015)  
     
  Mechanisms and consequences of carnosine-induced activation of intestinal epithelial cells  
    K.Kadooka1,2, M.Udono1, M.Deguchi1, K.Fujii1, T.Matsumoto2, M.Sato2, F.Morimatsu2, K.Yasuda1, K.Tashiro1, S.Kuhara1, Y.Katakura1
(1九大院農院、2日本ハム中研)
 
  Journal of Functional Foods:13, 32-37(2015)  
     
  第3編 アレルゲンの検出・定量およびアレルゲン性評価法 第1章 in vitro評価系 4. ELISA法(特定原材料検査キット)  
    北條江里
(日本ハム中研)
 
  食物アレルギーの現状とリスク低減化 食品素材の開発:89-94(2015)  
     
  血管保護をターゲットにした鶏由来新規コラーゲンペプチドの開発  
    河口友美
(日本ハム中研)
 
  JATAFFジャーナル:3(2), 47(2015)  
     
  イムノクロマト法  
    米北太郎、森松文毅
(日本ハム中研)
 
  「実践に役立つ!食品衛生管理入門」:213-216  
     
  食物アレルギーに対する企業の取り組み
―食物アレルギー対応食品の開発と情報提供―
 
    北村仁美
(日本ハム中研)
 
  保健の科学:56(11), 756-760(2014)  
     
  Analysis Of Biological Pathways Associated With Immune-capacity Traits In Pig  
    T.Okamura1,2, Y.Takahagi3, T.Matsumoto4, H.Uenishi4, K.Suzuki2 and M.Sato1
(1畜草研、2東北大院農、3日本ハム中研、4生物研)
 
  Proceedings,10th World Congress of Genetics Applied to Livestock Production: No.531  
     
  食品企業における食物アレルギー管理  
    藤村達也
(日本ハム中研)
 
  クリーンテクノロジー: (10) 19-23. (2014)  
     
  食物アレルゲン検査キットFASTKITエライザVer.Vシリーズ  
    森下直樹
(日本ハム中研)
 
  クリーンテクノロジー: (10) 24-26. (2014)  
     
  コラーゲンペプチド摂取による血管への作用  
    河口友美、森松文毅
(日本ハム中研)
 
  食品加工技術:34(2), 39-45(2014)  
     
  ブタの抗病性の取り組みと成果  
    ○鈴木啓一1、島津朋之1、陸拾七1、片山雄貴1、加藤和雄1、麻生 久1、北澤春樹1、岡村俊宏1、柴田千尋2、佐久間晶子2、中条 満2、門脇 宏2、柴田智也2、鈴木英作2、高萩陽一3、助川 慎3、村上 博3、上西博英4、奥村直彦4、松本敏美4
(1東北大院農、2宮城畜試、3日本ハム中研、4生物研)
 
  日本畜産学会報:85(3), 417-420(2014)  
     
  Survey of content of trans-fatty acids in meat  
    F. Arakawa, M. Kozono, T. Ishiguro, K. Yamaguchi, Y. Ihara, Y. Oishi, F. Morimatsu
(日本ハム中研)
 
  日本食品化学学会誌:21(1), 1-7(2014)  
     
  Identification of anti-allergic lactic acid bacteria that suppress Ca2+ influx and histamine release in human basophilic cells  
    K.Fujii1, T.Fujiki2, A.Koiso1, K.Hirakawa1, M.Yamashita1,T.Matsumoto3, T.Hasegawa3, F.Morimatsu3 and Y.Katakura1
(1九大院・農院、2長崎国際大学薬学部、3日本ハム中研)
 
  Journal of Functional Foods:10,370-376(2014)  
     
  第T編 検査法と精度管理 第1章 ベーシック検査方法論と各方法精度管理 第5節 ELISA  
    北條江里
(日本ハム中研)
 
  食品危害要因物質-その実態と検出法-:45-49(2014)  
     
  アレルギー物質を含む食品の表示制度の動向  
    坂本龍太
(日本ハム中研)
 
  ジャパンフードサイエンス:7月号61-63ページ  
     
  食品施設における食物アレルギー管理のポイント  
    米北太郎
(日本ハム中研)
 
  月刊HACCP:2014年7月号、53−59(2014)  
     
  Detection of soybean proteins in fermented soybean products by using heating extraction.  
    N. Morishita1, T. Matsumoto1, F. Morimatsu1, M. Toyoda2
(1日本ハム中研、2実践女子大学)
 
  J Food Sci.:May;79(5):1049-54. (2014)  
     
  水熱反応による豚血液の再資源化システム  
    沖浦智紀
(日本ハム中研)
 
  日本食肉加工情報:4,7-10(2014)  
     
  Effects of oral administration of heat-killed Enterococcus faecium strain NHRD IHARA cells for post-weaning piglets  
    S. Sukegawa1, K. Yuge2, S. Rao1, K. Oka2, F. Arakawa1, Y. Ihara1, T. Fujimura1, H. Murakami1, H. Kurazono3, M. Takahashi2, F. Morimatsu1
(1日本ハム中研、2ミヤリサン製薬梶A3帯畜大)
 
  Animal Science Journal:85(4),454-460  
     
  会員紹介  
    大森 丘
(日本ハム中研)
 
  日本食食品微生物学会会誌:31(1),41(2014)  
     
  Multiple marker effects of the single nucleotide polymorphisms in three genes, AKIRIN2, EDG1 and RPL27A, for marbling development in Japanese Black cattle  
    S. Sukegawa1, T. Miyake2, T. Ibi3, Y. Takahagi1, H. Murakami1, F.Morimatsu1, T. Yamada4
(1日本ハム中研、2京大院農、3岡山大院環境生命科学研究科、4新潟大院自然科学研究科)
 
  Animal Science Journal:85(3),193-197  
     
  Postprandial thermic effect of chicken involves thyroid hormones and hepatic energy metabolism in rats  
    J.Wakamatsu1, N.Takabayashi1, M.Ezoe1, T.Hasegawa2, T.Fujimura2, Y.Takahata2, F.Mrimatsu2, T.Nishimura1
(1.北大・農、2、日本ハム中研)
 
  J Nutr Sci Vitanol:59、516-525  
     
  低分子コラーゲンペプチドCCOPによる血管保護作用  
    河口友美
(日本ハム中研)
 
  FOOD Style21:17(12),76-78(2013)  
     
  豚インフルエンザの検査方法  
    高萩陽一
(日本ハム中研)
 
  月刊養豚界:2013年11月号 29-31  
     
  Development of an Immunochromatographic Test Strip for Detection of Cholera Toxin  
    E. Yamasaki 1, R. Sakamoto 2, T. Matsumoto 2, F. Morimatsu 2, T. Kurazono 3, T. Hiroi 1, G. B Nair 4, H. Kurazono 1
(1 帯畜大・畜産衛生学、2 日本ハム中研、3 埼玉衛研・臨床微生物、4 THSTI)
 
  Bio Med Research International:2013, Article ID 679038, 7  
     
  Characterrization of probiotic properties of Enterococcus faecium NHRD IHARA isolated from porcine feces  
    S. Rao1, S. Sukegawa1, Y. Ihara1, F. Arakawa1, H. Murakami1, T. Fujimura1 and F. Morimatsu1
(1日本ハム中研)
 
  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry:77(9), 1967-1969 (2013)  
     
  Overexpression of an antimicrobial peptide derived from C. elegans using an aggregation-prone protein coexpression system  
    S. Tomisawa1, E. Hojo2, Y. Umetsu3, S. Ohki3, Y. Kato4, M. Miyazawa4, M. Mizuguchi5, M. Kamiya1, Y. Kumaki1, T. Kikukawa1, K. Kawano1, M. Demura1 and T. Aizawa1*
(1 Graduate School of Life Science, Hokkaido University
2 R&D Center, Nippon Meat Packers, Inc.
3 Center for Nano Materials and Technology (CNMT), Japan Advanced Institute of Science and Technology (JAIST)
4 National Institute of Agrobiological Sciences
5 Faculty of Pharmaceutical Sciences, University of Toyama)
 
  AMB Express:3:57  
     
  Improved Functional Properties of Potato Starch through Simultaneous Heat-moisture treatment and Conjugation with Lysine and Fatty Acylated Saccharide by the Maillard Reaction  
    N. Kohyama1, N. Soga2, S. Ohashi2, M. hattori2, T. Yoshida2, T. Hasegawa1, Y. Oishi1, F. Morimatsu1, K. Takahash2i
(1日本ハム中研、2東京農工大・農)
 
  Journal of Applied Glycoscience:60, 147-153 (2013)  
     
  Development of the multiplex lateral flow assay using antimicrobial peptide for the detection of Shiga toxin?producing E. coli  
    T. Yonekita1, R. Ohtsuki1, E. Hojo1, N. Morishita1, T. Matsumoto1, T.Aizawa2, F. Morimatsu1
(1日本ハム中研、2北大・理)
 
  Journal of Microbiological Methods:93(3), 251-256 (2013)  
     
  Simple, Rapid, and Reliable Detection of Escherichia coli O26 Using Immunochromatography  
    T.Yonekita1, T. Fujimura1, N. Morishita1, T. Matsumoto1,F. Morimatsu1
(1日本ハム中研)
 
  Journal of Food Protection :76(5), 748-754 (2013)  
     
  食中毒菌検出用キットの近況  
    米北太郎1
(1日本ハム中研)
 
  ジャパンフードサイエンス:52(4) (2013)  
     
  豚由来エラスチンペプチドの美容作用とその応用  
    佐藤三佳子
(日本ハム中研)
 
  食品加工技術: 32(3), 107-111(2012)  
     
  ソフト食の導入が施設入居高齢者の栄養面、摂食・嚥下機能面に及ぼす影響  
    八巻法子1、白坂誉子2、佐藤三佳子1、市村久美子2
(1日本ハム中研、2茨城県立医療大学)
 
  老年看護学: 第17巻第1号、83-90  
     
  乳酸菌Lactobacillus plantarum HSK201株摂取によるスギ花粉症症状の緩和作用  
    長谷川隆則1、松本貴之1、前山佳昭2、森松文毅1
(1日本ハム中研、2日本ルナ)
 
  アレルギーの臨床: 33(1), 2013  
     
  食品中のアレルギー物質検査の近況と管理・対策のポイント  
    北村 仁美
(日本ハム中研)
 
  ジャパンフードサイエンス: 2013年2月号、43-48  
     
  市販コラーゲンペプチドの自然発症性高血圧ラットにおける血圧上昇抑制作用  
    河口友美1、岩井浩二1、清水宗茂1、大森丘1、畑能久1、鈴木卓弥2、森松文毅1、田辺創一2
(1日本ハム中研、2広大・生物圏科学)
 
  日本食品科学工学会誌: 60(3), 142-147(2013)  
     
  食中毒菌検出用キットの近況  
    米北 太郎
(日本ハム中研)
 
  ジャパンフードサイエンス: 2013年4月号  
     
  Potential rapid and simple lateral flow assay for Escherichia coli O111  
    Y. Terao1 , T. Yonekita1, N. Morishita1 , T. Fujimura1 , T. Matsumoto1, F. Morimatsu1
(1日本ハム中研)
 
  Journal of Food Protection: 76 (5), 755-761 (2013)  
     
  畜産副産物の機能性  
    佐藤三佳子、森松文毅
(日本ハム中研)
 
  生食の美味しさとリスク: 2013年6月  
     
  Effects of a chicken collagen hydrolysate on the circulation system in subjects with mild hypertension or high-normal blood pressure  
    T. Kouguchi 1, T. Ohmori 1, M. Shimizu 1, Y. Takahata1, Y. Maeyama2, T. Suzuki3, F. Morimatsu1, S. Tanabe 3
(1日本ハム中研、2日本ルナ、3広大・生物圏科学)
 
  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry: 77(4),691-696(2013)  
  Possible association of single nucleotide polymorphism in titin gene with growth-related trait in Japanese Black beef cattle  
    T.Yamada1, S. Sasaki2, S. Sukegawa3, Y. Takahagi3, M. Morita2, H. Murakami3, F Morimatsu3, T. Fujita4
(1京大院農、2家畜改良事業団、3日本ハム中研、4大分県畜試)
 
  Journal of Animal and Veterinary Advances 10 (19): 2603-2606 (2011)  
     
  Dietary animal proteins alter monoamine metabolism in the brain  
    長澤麻央1、村上達郎1、佐藤三佳子2、高畑能久2、森松文毅2、 古瀬充宏1
(1九大院・農、2日本ハム中研)
 
  Animal Science Journal 1-6, (2011)  
     
  Establishment of a novel method to screen anti-allergic lactic acid bacteria  
    K. Kadooka1, A. Imahayashi1, A. Koiso1, M. Yamashita2, K. Teruya12, T. Matsumoto3, T. Hasegawa3, F. Morimatsu3, Y. Katakura12
(1九州大学大学院、2九州大学大学院、3日本ハム中研)
 
  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 75(5), 1016-1018(2011)  
     
  食品微生物検査の簡易・迅速化 「NHイムノクロマト」シリーズ  
    寺尾義孝
(日本ハム中研)
 
  月刊クリーンテクノロジー 22 (3), 15-18 (2012)  
     
  腸管出血性大腸菌O157, O26, O111およびベロ毒素の簡易迅速検査キットの開発  
    米北太郎・寺尾義孝・北條江里・森下直樹・松本貴之
(日本ハム中研)
 
  農林水産技術研究ジャーナル 35 (4), 49-52(2012)  
     
  鶏胸肉抽出物の摂取が中高齢者における筋力および疲労感に及ぼす影響  
    佐藤三佳子1,前村公彦1,畑能久1,森松文毅1,佐藤雄二2
(1日本ハム中研、2埼玉県大・保健医療福祉)
 
  日本食品科学工学会誌 59(4), 182-185(2012)  
     
  Identification of immunopotentiating lactic acid bacteria that induce antibody production by in vitro-stimulated human peripheral blood mononuclear cells  
    M. Yamashita1, A. Hitaka2, H. Fujino2, T. Matsumoto3, T. Hasegawa3, F. Morimatsu3, T. Fujiki1, Y. Katakura1,2
(1九州大学大学院生物資源環境、2九州大学大学院生物資源環境、3日本ハム中研)
 
  Bioscience of Microbiota, Food and Health 31(1), 7-13(2012)  
     
  豚由来亜臨界水処理血粉は子豚用飼料の新規蛋白質源と有効である  
    田島清1、大森英之1、川島知之1、沖浦智紀2
(1畜草研、2日本ハム中研)
 
  農研機構HP 畜産草地研究所成果情報 ホームページ掲載 (2011)  
     
  Expression profile of carnosine synthesis related genes in mice by ingested carnosine and β-alanine  
    T.Miyaji 1, M.Sato 1, H.Maemura 2, Y.Takahata 1, F.Morimatsu 1
(1 日本ハム中研 2 環太平洋大・体育)
 
  Journal of the International Society of Sports Nutrition 9(1), 15-19(2012)  
     
  PRRSウイルスを追い詰める検査の最前線  
    高萩陽一
(日本ハム中研)
 
  ピッグジャーナル 8月号,26-29(2012)  
     
  食品施設における食物アレルギー管理のポイント  
    神谷尚徳
(日本ハム中研)
 
  月間HACCP 9月号、34-41(2012)  
     
  Isolation, characterization, and effect of administration in vivo, a novel probiotic strain from pig feces  
    Y.Ihara, H.Hyodo, S.Sukegawa, H.Murakami, F.Morimatsu
(日本ハム中研)
 
  Animal Science Journal 84(5),434-441(2013)  
     
  Chicken Collagen Hydrolysate-derived Peptides Inhibit Tumor Necrosis Factor-α-induced Inflammatory Response in Endothelial Cells  
    T. Kouguchi 1,2, A.Ito 2, K.Iwai 1, M.Shimizu 1, Y.Takahata 1, T.Suzuki 2, F.Morimatsu 1, S.Tanabe 2
(1日本ハム中研、2広大・生物圏科学)
 
  Food Science and Technology Research 18(5) 667(2012)  
     
  カビ毒検出用ELISA 「MycoJudgeトータルアフラトキシン」の開発  
    北條 江里
(日本ハム中研)
 
  ジャパンフードサイエンス 50 (4), 55-59 (2011) (2011年4月)  
     
  水熱反応による豚血液の再資源化システム  
    沖浦智紀1、峯保男2
(1日本ハム中研、2三菱長崎機工株式会社)
 
  平成21年度食肉処理効率技術開発事業実績報告書 2011 (2011年5月)  
     
  Establishment of a Novel Method of Screening Anti-Allergic Lactic Acid Bacteria  
    K. Kadooka 1,A. Imahayashi 1, A. Koiso 1, M. Yamashita 1, K. Teruya 1, T. Matsumoto 2, T. Hasegawa 2, F. Morimatsu 2 and Y. Katakura 1 
(1九大・農、2日本ハム中研)
 
  Biosci. Biotechnol. Biochem. 75(5), 1016-1018(2011) (2011年5月)  
     
  MPS 病変低選抜系ランドレース種(ミヤギノL2 )と末梢血免疫能高選抜系大ヨークシャー種およびその交雑豚の免疫応答について (第94回大会要旨再録)  
    五嶋 恵1、佐藤 匠1、細矢祥一1、北澤春樹1、柴田千尋2、高萩陽一3、鈴木啓一1
(1東北大院・農、2宮城県畜試、3 日本ハム中研)
 
  日本養豚学会誌 48(2), 103(2011) (2011年6月)  
     
  軟骨抽出物の滑膜細胞への効果  
    松尾俊輝1、並木郷1、佐藤三佳子2、高畑能久2、 森松文毅2、渡部睦人1、野村義宏1
(1 農工大・農、2 日本ハム中研)
 
  グルコサミン研究 7, 61-66 (2011) (2011年7月)  
     
  豚生産農場における液状ストレートホエイ給与が繁殖性,生産性および肉質形質に及ぼす影響  
    高萩陽一1、岩渕修2、助川慎1、中胡隆3、越田雄三4、若松純一5、藤村達也1、石黒智子1、村上 博1、飯村裕二2、小林泰男5、森松文毅1、川島知之6、菱沼 毅3
(1日本ハム中研、2インターファーム、3中央畜産会、4ノーステック財団、5北大院・農、6畜草研)
 
  日本畜産学会報 82(3), 325-331(2011) (2011年8月)  
     
  Vasoprotective Effect of Foods as Treatments : Chicken Collagen Hydrolysate  
    T. Kouguchi, Y. Zhang, Y. Takahata and F. Morimatsu
(1日本ハム中研)
 
  Atherogenesis in press (2011年10月)  
     
  The Bioavailable Octapeptide Gly-Ala-Hyp-Gly-Leu-Hyp-Gly-Pro Stimulates Nitric Oxide Synthesis in Vascular Endothelial Cells  
    K.Shimizu 1, M.Sato 1, Y.Zhang 1, T.Kouguchi 1, Y.Takahata 1, F.Morimatsu 1, M.Shimizu 2
(1 日本ハム中研、 2 東京大院・農)
 
  Journal of Agricultual and Food Chemistry 58, 6960-6965(2010) (2010年10月)  
     
  ホエイ  
    高萩陽一
(日本ハム中研)
 
  農業・食品加工副産物の飼料化利用技術マニュアル 63-66 (2010年11月)  
     
  P-エラスチンの機能特性と素材応用  
    清水一雄、佐藤三佳子
(日本ハム中研)
 
  食品機能素材IV(書籍) 314-316 (2010年11月)  
     
  プラセンタエキスの機能性と応用  
    生田 務
(日本ハム中研)
 
  食品機能素材IV(書籍) 194-197 (2010年11月)  
     
  企業における食物アレルギーへの取り組み 〜食物アレルギー教室〜  
    北村仁美、 森松文毅
(日本ハム中研)
 
  日本調理科学会誌 44(1), 85-87(2011) (2011年2月)  
     
  ヒトにおけるブタ由来エラスチンペプチド摂取による皮膚粘弾性向上作用  
    佐藤三佳子1、岩井浩二1、鬼塚英一郎1、高畑能久1、森松文毅1、 佐藤雄二2
(1 日本ハム中研、2 埼玉県立大・保健医療福祉)
 
  日本食品科学工学会誌 58(4), 159-163 (2011)  
     
  「MycoJudgeトータルアフラトキシン」の開発  
    北條江里
(日本ハム中研)
 
  ジャパンフードサイエンス 50(4), 55-59 (2011)  
     
  イムノクロマトキットを用いた食中毒菌検査の効率化  
    米北太郎
(日本ハム中研)
 
  会報宮城 135(6) (2010年4月)  
     
  Molecular size of collagen peptide reverse the permeability of Caco-2 cells  
    K Shimizu1, M Sato1, Y Zhang1, T Kouguchi1, Y Takahata1, F Morimatsu1, M Shimizu2
(1.日本ハム中研、2.東京大学農学生命科学研究科)
 
  Biosciense, Biotechnology, and Biochemistry 74(5),1123-1125 (2010年5月)  
     
  イムノクロマト法を用いた食物アレルギー物質の簡易・迅速検査法〜イムノクロマト法の原理と食物アレルギー物質管理への適用〜  
    神谷久美子、松本貴之
(日本ハム中研)
 
  農産物・食品検査法の新展開(シー・エム・シー出版) P149-158 (2010年7月)  
     
  血管保護作用を有する鶏由来低分子コラーゲンペプチドの開発研究 -コラーゲンペプチドの新規作用を探る-  
    河口友美、畑能久、森松文毅
(日本ハム中研)
 
  BRAINテクノニュース 141,8-12 (2010年8月)  
     
  Simple and rapid detection of Campylobacter spp. in naturally contaminated chicken-meat samples by combination of a two-step enrichment method with an immunochromatographic assay  
    K. kawatsu 1, M. Taguchi 1, T. Yonekita 2, T. Matsumoto 2, F. Morimatsu 2, Y. Kumeda 1
(1大阪府立公衆衛生研究所、 2日本ハム中研)
 
  International Journal of Food Microbiology 142,256-259 (2010年8月)  
     
  ブタプラセンタエキス摂取による色素沈着予防作用  
    佐藤三佳子、宮澤いづみ、高畑能久、大石泰之、森松文毅
(日本ハム中研)
 
  機能性食品と薬理栄養 6(3),199-203 (2010年9月)  
     
  Chicken Collagen Hydrolysate Reduces Proinflammatory Cytokine Production in C57BL/6.KOR-ApoEshl Mice  
    Y Zhang , T Kouguchi, K Shimizu, M Sato, Y Takahata, F Morimatsu
(日本ハム中研)
 
  Journal of Nutritional Science and Vitaminology 56,208-210 (2010)  
     
  Polymorphisms for 7 Expressed Sequence TAGs showing Marbling-associated Expression Changes  
    S Sukegawa1, T Yamada2, S Sasaki3, Y Muramatsu4, Y Takahagi1, S Yoshioka5, T Fujita6, M Morita3, H Murakami1, F Morimatsu1, and Y Sasaki5
(1日本ハム中研、2京大院・農、3家畜改良事業団、4静岡英和学院大学短期大学、5ビッグ研梶A6大分県畜試)
 
  Research Communication in Molecular Pathology and Pharmacology 120-121(1-6),33-42 (2007-2008)  
     
  Effects of ingestion of elastin peptides on mRNA expressions of the skin properties in mice  
    Y Mizobe 1, D Oikawa 1, Y Akimoto 1, S Tsuyama 1, E Onitsuka 2, M Sato 2, Y Takahata 2, F Morimatsu 2, M Furuse 1
(1九州大・農 2日本ハム中研 )
 
  Current topics Nutraceutical Research 7(3/4), 127-130 (2009) (2009年12月)  
     
  Octacalcium phosphate(OCP) collagen composites enhance bone healing in a dog tooth extraction socket model  
    S Iibuchi1, K Matsui1, T Kawai1, K Sasaki2, O Suzuki3, S Kamakura1, S Echigo1
(1.東北大・工、2.日本ハム中研、3.東北大・歯)
 
  International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery  39, 161-168 (2010) (2009年12月)  
     
  イミダゾールジペプチドの抗疲労作用  
    佐藤三佳子 (日本ハム中研)
 
  FOOD Style 21  12, 35-7 (2009) (2009年12月)  
     
  Replicated association of the single nucleotide polymorphism in EDG1 with marbling in general populations of Japanese Black beef cattle  
    S Sukegawa1, T Miyake2, Y Takahagi1, H Murakami1, F Morimatsu1, T Yamada2, Y Sasaki3
(1日本ハム中研、2京大院・農、3ビッグ研(株))
 
    BMC Research Notes  3、 66 (2010) (2010年3月)  
     
  野球少年の食事バイブル  
    柄澤紀 (日本ハム中研)  
    女子栄養大学出版部 全96ページ (2010年3月)  
     
  Chicken Collagen Hydrolysate Protects Hypertension and Cardiovascular Damage in Rats  
    Y Zhang , T Kouguchi, M Shimizu, T Ohmori, Y Takahata, F Morimatsu
(日本ハム中研)
 
    J. medicinal food 13(2) ,1-7 (2010) (2010年3月)  
     
  血管保全作用を有する新たな食品素材 「低分子コラーゲンペプチド」  
    清水宗茂、河口友美、張有做 (日ハム中研)
 
  FOOD Style21 13(4),41-43(2009), (2009年4月)  
     
  ブタ由来エラスチンペプチドの経口摂取によるマウス皮膚水分含量の向上  
    早川徹1・佐藤三佳子1・雜賀(江草)愛1・畑能久1・森松文毅1・野村義宏2
(1日ハム中研, 2東京農工大・農)
 
  日本畜産学会報  80(2), 215-222(2009) (2009年5月)  
     
  Association of a single nucleotide polymorphism in titin gene with marbling in Japanese Black beef cattle  
    T. Yamada1, S. Sasaki2, S. Sukegawa3, S. Yoshioka4, Y. Takahagi3, M. Morita2, H. Murakami3, F. Morimatsu3, T. Fujita5, T. Miyake1 and Y. Sasaki4
(1京大院農、2家畜改良事業団、3日ハム中研、4ビッグ研梶A5大分県畜試)
 
  BMC Research Notes  2, 78(2009) (2009年5月)  
     
  養豚農場における液状ホエーの給与が豚の生産性へ与える影響  
    小橋有里1,3、石黒智子1、若松純一4、奥村朋之1、高萩陽一1、岩渕 修2、飯村裕二2、川島知之3、小林泰男4、服部昭仁4、村上 博 1、森松文毅1
(1日ハム中研、 2インターファーム、 3畜産草地研究所、 4北大院農)
 
    日本畜産学会報 80(4), 443-450(2009)  
     
  畜産副産物からの美容有用成分・素材開発  
    清水一雄、佐藤三佳子
(日ハム中研)
 
    FOOD Style21 13(7),36-38(2009) (2009年7月)  
     
  Association of a single nucleotide polymorphism in akirin 2 gene with marbling in Japanese Black beef cattle  
    S. Sasaki1, T. Yamada2, S. Sukegawa3, T. Miyake2, S. T. Fujita4, M. Morita1, T. Ohta2, Y. Takahagi3, H. Murakami3, F. Morimatsu3, and Y. Sasaki5
(1家畜改良事業団、2京大院農、3日ハム中研、4大分県畜試、 5ビッグ研)
 
    BMC Research Notes , 2, 131(2009) (2009年7月)  
     
  イミダゾールジペプチド(カルノシン・アンセリン)  
    佐藤三佳子 (日ハム中研)
 
  機能性ペプチドの最新応用技術  175-183 (2009年8月)  
     
  畜肉ペプチド素材(豚エラスチンペプチド)  
    江草(雜賀)愛 (日ハム中研)  
  機能性ペプチドの最新応用技術  302-308 (2009年8月)  
     
  Effects of exposure to hyperbaric oxygen on oxidative stress in rats with type II collagen-induced arthritis  
    F. Nagatomo1, N. Gu1, H. Fujino1, T. Okiura2, F. Morimatsu2, I. Takeda3, A. Ishihara1
(1京大人間・環境 2日ハム中研 3姫路独大・医療保健)
 
  Clinical and Experimental Medicine  10,7-13(2010)  
     
  Oral Administration of Chicken Breast Extract Activates Serotonin Metabolism in the Hippocampus of Rats  
    S.Tomonaga1, M.Sato2, Y.Takahata2, F.Morimatsu,2 M.Furuse1
(1九州大・農 2日ハム中研)
 
  J of Animal and Veterinary Advances  8(11), 2276-2279(2009) (2009年9月)  
     
  Differential Effects of Porcine Circovirus Type 2 (PCV2) Vaccination on PCV2 Genotypes at Japanese Pig Farms  
    Y. Takahagi, S. Toki, Y. Nishiyama, F. Morimatsu and H. Murakami
(日ハム中研)
 
  The Journal of Veterinary Medical Science 72(1), 35-41(2010)  
     
  Efficacy of Lactobacillus plantarum strain HSK201 for the relief of Japanese cedar pollinosis  
    T.Hasegawa1, K.Hirakawa2, T.Matsumoto1, S.Toki1, Y.Maeyama2 and F.Morimatsu1
(1日ハム中研 2日本ルナ)
 
  Biosci. Biotech. Biochem. 73(12), 2626-2631(2009)  
     
  mRNA Expression of Lysyl Oxidase and Matrix Metalloproteinase-12 in Mouse Skin  
    1Y.Mizobe, 1D.Oikawa, 1S.Tsuyama, 1Y.Akimoto, 1K.Hamasu, 2E.Onitsuka, 2M.Sato, 2Y.takahata, 2F.Morimatsu, 1M.Furuse
(1九大院・農、2日ハム中研)
 
  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 72(11), 3067-3070 (2008)  
     
  高血圧自然発症ラットにおける鶏由来コラーゲンペプチドに含まれるオクタペプチドの血圧降下作用  
    岩井浩二、雜賀愛、早川徹、清水宗茂、畑能久、森松文毅
(日ハム中研)
 
  日本食品科学工学会誌 55, 602-605 (2008)  
     
  Angiotensin I-Converting Enzyme Inhibitory Peptides Obtained from Chicken Collagen Hydrolysate  
    Ai Saiga1, Koji Iwai1, Toru Hayakawa1, Yoshihisa Takahata1, Shinichi Kitamura2, Toshihide Nishimura2, Fumiki Morimatsu1
(1日ハム中研、2広島大)
 
  Journal of Agricultural and Food Chemistry 56, 9586-9591 (2008)  
     
  Antithrombotic papain-hydrolyzed peptides isolated from pork meat  
    Muneshige Shimizu1, Naoko Sawashita2, Fimiki Morimatsu1, Jun Ichikawa1, Yasuki Taguchi1, Yoshinobu Ijiri3, junichiro Yamamoto2
(1日ハム中研、2神戸学院大、3兵庫大)
 
    Thrombosis Research 123, 753-757 (2009)  
     
  Effect of Prolyl-Hydroxyproline (Pro-Hyp), a Food-Derived Collagen Peptide in Human Blood, on Growth of Fibroblast from Mouse Skin.  
    1Yasutaka Shigemura, 2Koji Iwai, 2Fumiki Morimatsu, 3Takaaki Iwamoto, 3Toshio Mori, 4Chikako Oda, 4Toshio Taira, 5Eun Young Park, 5Yasusi Nakamura, 5Kenji Sato
(1大阪夕陽丘短大、2日ハム中研、3奈良県大、4プライマリーセル、5京都府大)
 
    Journal of Agricultural and Food Chemistry 57(2), 444-449 (2009)  
     
  Antihypertensive Effects and Endothelial Progenitor Cell Activation by Intake of Chicken Collagen Hydrolysate in Pre- and Mild-Hypertension.  
    Ai Saiga-Egusa, Koji Iwai, Toru Hayakawa, Yoshihisa Takahata, Fumiki Morimatsu
(日ハム中研)
 
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 73(2), 422-424 (2009)  
     
  食物アレルギー対策における工程管理  
    神谷尚徳、松本貴之、森松文毅 (日ハム中研)
 
  月刊フードケミカル 25(2), 44-49 (2009)  
     
  HACCPに基づいた食物アレルギー対策を目指して  
    神谷尚徳 (日ハム中研)  
  月刊HACCP 15(4), 53-62 (2009)  
     
  肉アレルギー、ゼラチンアレルギー  
    畑能久 (日ハム中研)
 
  食物アレルギーAtoZ(第一出版) p46-49 (2010年11月)  
     
  Enzyme-Linked Immunosorbent Assay Kit for the Determination of Soybean Protein in Processed Foods:Interlaboratory Evaluation.  
    S. Sakai1, R. Adachi1, H. Akiyama1, R. Teshima1, N. Morishita2, T. Matsumoto2, A. Urisu3
(1 National Institute of Health Sciences, 2 R&D Center NH Foods Ltd., 3 Fujita Health University)
 
  Journal of AOAC International 93(1), 243-248 (2010)  
     
  鶏コラーゲン加水分解物(C-COP)摂取後のヒト血中動態と血中ペプチドのACE阻害作用  
    岩井浩二、張有做、河口友美、江草(雑賀)愛、清水宗茂、大森丘、畑能久、森松文毅
(日ハム中研)
 
  日本食品科学工学会誌 56(6), 326-330 (2009)  
     
  ブタ由来エラスチンペプチドの摂取によるマウス皮膚水分含量への影響  
    早川徹1、佐藤三佳子1、雜賀愛1、畑能久1、森松文毅1、野村義宏2
(1日ハム中研、2東京農工大・農)
 
  日本畜産学会誌 80(2), 215-222(2009)  
     
  Association of a single nucleotide polymorphism in ribosomal protein L27a gene with marbling in Japanese Black beef cattle.  
    Yamada, T.1, S. Sasaki2, S. Sukegawa3, T. Miyake1, T. Fujita4, H. Kose5, M. Morita2, Y. Takahagi3, H. Murakami3, F. Morimatsu3, and Y. Sasaki6
(1京大院農、2家畜改良事業団、3日本ハム中研、4大分県畜試、5国際基督教大、6ビッグ研)
 
  Animal Science Journal 80 (6)  631-635(2009)  
     
  Novel SNP in 5’ flanking region of EDG1 associated with marbling in Japanese Black beef cattle.  
    Yamada, T.1, S. Sasaki2, S. Sukegawa3, T. Miyake1, T. Fujita4, H. Kose5, M. Morita2, Y. Takahagi3, H. Murakami3, F. Morimatsu3, and Y. Sasaki6
(1京大院農、2家畜改良事業団、3日本ハム中研、4大分県畜試、5国際基督教大、6ビッグ研)
 
  Animal Science Journal 80 (4) 486-489(2009)  
     
  血管保全作用を有する新たな食品素材「低分子コラーゲンペプチド」  
    清水宗茂、河口友美、張有做 (日ハム中研)  
  Food style 21  13(4), 41-43(2009)  
     
     
  鶏コラーゲン加水分解物(C-COP)を配合した乳酸菌飲料の軽症高血圧者に対する降圧作用の検討  
    河口友美1、大森丘1、早川徹1、高畑能久1、森松文毅1、梶本佳孝2,3
(1日本ハム中研、2和歌山県立医大、3総合医科学研究所)
 
  日本臨床栄養学雑誌  29(4) 414-424(2008)  
     
  学食物アレルギー管理のための工程管理について  
    神谷尚徳
(日本ハム中研)
 
  月間HACCP 14 31-41(2008)  
     
  食物アレルギー工程管理の現状  
    神谷尚徳、松本貴之、森松文毅
(日本ハム中研)
 
  食品と開発  43(6) 7-9(2008)  
     
  鶏コラーゲン加水分解物(C-COP)を配合した乳酸菌飲料による軽症高血圧者および正常高値血圧者に対する降圧作用と安全性の検討  
    河口友美1、大森丘1、早川徹1、高畑能久1、前山佳昭2、梶本佳孝3,4、北風政史5、森松文毅1
(1日本ハム中研、2日本ルナ、3和歌山県立医大、4総合医科学研究所、5国立循環器病センター)
 
  薬理と治療  36(6)  561-575(2008)  
     
  鶏コラーゲン加水分解物(C-COP)を配合した乳酸菌飲料の過剰摂取時における安全性  
    河口友美1、大森丘1、早川徹1、高畑能久1、前山佳昭2、梶本佳孝3,4、森松文毅1
(1日本ハム中研、2日本ルナ、3和歌山県立医大、4総合医科学研究所)
 
  薬理と治療 36(6) 561-576(2008)  
     
  Chicken breast attenuates high-intensity-exerise-induced decrease in rat sacroplasmic reticulum Ca2+ handling.  
    Takaaki Mishima1, Takashi Yamada1, Makoto Sakamoto1, Minako Sugiyama1,Satoshi Matsunaga2, Hirohiro Maemura3, Muneshige Shimizu3, Yoshihsa Takahata3,
Fumiki Morimatsu3, Masanobu Wada1
(1 Graduate school of Hiroshima University 2 Faculty of education and culture, Miyazaki University 3 R&D Center Nippon Meat Packers, Inc.)
 
  International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism 18,399-411(2008)  
     
  食中毒菌迅速検出キットの開発 ―NHイムノクロマトシリーズ(大腸菌157, O26, O111, リステリア, サルモネラ)−  
    米北太郎、 寺尾義孝
(日本ハム中研)
 
  月刊フードケミカル 2008年7月号 p115-118  
     
  Bone density of the femur and fiber cross-sectional area and oxidative enzyme activity of the tibialis anterior muscle in type II collagen-induced arthritic mice.  
    Okiura T1, Nagatomo F2, Gu N2, Taguchi Y1, Morimatsu F1, Ishihara A2
(1日本ハム中研、2京大院人間・環境学)
 
  J. Physiol. Sci. 58(4) 221-227(2008)  
     
  A Reliable Enzyme-Linked Immuno-Sorbent Assay for Determination of Soybean Proteins in Processed Foods.  
    NAOKI MORISHITA1, KUMIKO KAMIYA1, TAKASHI MATSUMOTO1, SHINOBU SAKAI2, REIKO TESHIMA2, ATSUO URISU3, TATSUYA MORIYAMA4, TADASHI OGAWA5, HIROSHI AKIYAMA*2, FUMIKI MORIMATSU1
(1 R&D Center NH Foods Ltd., 2 National Institute of Health
Sciences, 3 The Second Teaching Hospital, Fujita Health University, 4 Kinki University, 5 Kansai University of Welfare Sciences)
 
  Journal of agricultural and food chemistry 56 (16), 6818-6824(2008)  
     
  鶏コラーゲン加水分解物(C-COP)を配合した乳酸菌飲料による正常高値血圧者に対する降圧作用のサブグループ解析  
    河口友美1、大森丘1、早川徹1、高畑能久1、前山佳昭2、梶本佳孝3,4、森松文毅1
(1日本ハム中研、2日本ルナ、3和歌山県立医大、4総合医科学研究所)
 
  薬理と治療 36(10) 911-918(2008)  
     
  Lactobacillus rhamnosus GG and Lactobacillus casei suppress Escherichia coli-induced chemokine expression in intestinal epithelial cells.  
    Shinji Toki1,2, Shinji Kagaya1, Miwa Shinohara1,3, Hiroshi Wakiguchi3, Takashi Matsumoto2, Yoshihisa Takahata2, Fumiki Morimatsu2, Hirohisa Saito1 and Kenji Matsumoto1
(1国立成育医療センター、2日本ハム中研、3高知大・医 )
 
  International Archives of Allergy and Immunology 148(1) 45-58(2009)  
     
  Angiotensin I-Converting Enzyme Inhibitory Peptides Obtained from Chicken Collagen Hydrolysate  
    Saiga A., Iwai K., Hayakawa T., Takahata Y., Morimatsu F.
(日本ハム中研)
 
  Journal of Agric. Food Chem 56,9586-9591(2008)  
     
  Genotypic change of porcine circovirus type 2 on Japanese pig farms as revealed by restriction fragment length polymorphism analysis.  
    Takahagi Y.1, Nishiyama Y.1,2, Toki S.1, Yonekita T.1, Morimatsu F.1 and Murakami H.1
(1日本ハム中研、2愛媛女子短期大学)
 
  The Journal of Veterinary Medical Science 70(6), 603-606(2008)  
     
  Specific Discrimination of Chicken DNA from Other Poultry DNA in Processed Foods Using the Polymerase Chain Reaction.  
    Fujimura T.1, Matsumoto T.1, Tanabe S.2, Morimatsu F.1
(1日本ハム中研、2広島大)
 
  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 72 (3) 909-913 (2007年3月)  
     
  A real-time quantitative PCR detection method for pork, chicken, beef, mutton, and horseflesh in foods.  
    Tanabe S.1, Hase M.2, Yano T.3, Sato M.4, Fujimura T.5, Akiyama H.6
(1広島大、2アプライドバイオシステムズ、3オリエンタル酵母工業、4伊藤ハム、5日本ハム中研、6国衛研)
 
  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry vol. 71 (12) 3131-3135 (2007年12月)  
     
  畜産由来機能性食品素材の近況  
    早川 徹
(日本ハム中研)
 
  ジャパンフードサイエンス 1月号 33-40 (2007年12月)  
     
  抗アレルギー食品の開発と新たな展開  
    畑能久、森松文毅
(日本ハム中研)
 
  FFIジャーナル Vol.212 No.12 1016-1023 (2007年12月)  
     
  プラセンタエキスの飲料への応用  
    佐藤三佳子
(日本ハム中研)
 
  Beverage Japan 12月号 36-37(2007年12月)  
     
  Safety evaluation of chicken breast extract containing carnosine and anserine  
    M. Sato, N. Karasawa, M. Shimizu, F. Morimatsu and R. Yamada
(日本ハム中研)
 
  Food and Chemical Toxicology 46, 480-489(2008)  
     
  Oral administration of chicken breast extract increases brain carnosine and anserine concentrations in rats.  
    Tomonaga S. 1, Hayakawa T. 2, Yamane H. 1, Maemura H. 2, Sato M. 2, Takahata Y. 2, Morimatsu F. 2, Furuse M. 1
(1九州大学、2日本ハム中研)
 
  Nutritional Neuroscience 10(3/4), 181-186(2007)  
     
  学習機能改善、抗ストレス素材としてのCBEX  
    鬼塚英一郎
(日本ハム中研)
 
  食品と開発9月号 (2007年9月)  
     
  コラーゲンペプチド・グルコサミン塩酸塩混合液の摂取が関節マーカーに及ぼす影響

 
    清水宗茂1、藤田浩太郎1、市川淳1、森松文毅1、向井直樹2
(1日本ハム中研、2筑波大学大学院人間総合科学研究科)
 
  グルコサミン研究 Vol.3 44-50 (2007年9月)  
     
  Royal jelly supplementation improves lipoprotein metabolism in humans.

 
    Hang GUO 1, Ai SAIGA 1, Mikako SATO1, Izumi MIYAZAWA 1, Makoto SIBATA 2, Yoshihisa TAKAHATA1, and Fumiki MORIMATSU1
(1日本ハム中研、2 (株)丸和)
 
  Journal of Nutritional Science and Vitaminology Vol.53, p345-348 (2007年8月)  
     
  海洋性由来βグルカンとその健康機能性

 
    河口友美
(日本ハム中研)
 
  Food Style 21 8月号 57-59 (2007年8月)  
     
  The primacy of octacalcium phosphate collagen composites in bone regeneration  
    Shinji Kamakura 1, Kazuo Sasaki 2, Takahiro Homma 3, Yoshitomo Honda 3, Takahisa Anada 3, Seishi Echigo 3, Osamu Suzuki 3
(1東北大学医学系研究科、2日本ハム中研、3東北大学歯学研究科)
 
  Journal of Biomedical Materials Research Part A Published Online (2007年7月)  
     
  豚睾丸エキス「P-テスティス」の滋養強壮作用

 
    清水宗茂、沖浦智紀、神尾美智子
(日本ハム中研)
 
  Food Style 21 4月号 46-48 (2007年4月)  
     
  カルノシン・アンセリンを高含有するトリ胸肉抽出物(Chicken Breast Extract: CBEX)の抗疲労効果  
    前村公彦
(日本ハム中研)
 
  食品と開発 Vol.42 No.2 p.16-18 (2007年2月)  
     
  豚プラセンタエキスの機能性  
    佐藤三佳子
(日本ハム中研)
 
  Food Style 21 Vol.10 No.11 p 67-69 (2006年11月)  
     
  機能性食品素材「P-エラスチン」  
    早川 徹
(日本ハム中研)
 
 

Beverage Japan No.298 p 76-77  (2006年10月)

 
     
  A Judgement on Postmortem Aging in Longissimus Dorsi Based on a Peptide Substrate Library  
    鬼塚英一郎、奥村朋之、村上博、森松文毅、西野憲和 1
(日本ハム中研、1九州工業大学)
 
  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry(in press) Vol.70 No.12 p.2836-2843(2006年12月)  
     
  Effects of Hyperbaric Exposure with High oxvgen Concentration on the physical Activity of Developing rats  
    Akiko Matsumoto 1,Tomonori Okiura 2,Fumiki Morimatsu 2,Yoshinobu Ohira 3,Akihiko Ishihara 1
(1京都大学大学院、2日本ハム中研、3大阪大学大学院)
  Developmental Neuroscience(2007;29(6):452-9. Epub 2006 Nov 20. ) (2006年)
     
  運動時の疲労と酸緩衝(総説)  
    前村公彦 1、高松薫 2
(1日本ハム中研、2筑波大学)
  体育の科学(Vol.56 No.9 Page.695-700) (2006年)
     
  高強度運動時の筋疲労に対する重炭酸緩衝作用の役割(総説)  
    前村公彦
(日本ハム中研)
  陸上競技研究(第66号(2006,No.3)) (2006年)
     
  Efect of dietary vegetable and animal proteins on therothrombosis in mice  
    Naoko Sawashita, Aki Sawashita, Muneshige Shimizu, Fumiki Morimatsu
Yopshinobu Ijiri, Junichiro Yamamoto 神戸学院大学、日本ハム中研、兵庫大学
  Nutrition Vol.22, 661-667 (2006年)
     
  A SPECIFIC QUALITATIVE DETECTION METHOD FOR PEANUT (ARACHIS HYPOGAEA) IN FOODS USING POLYMERASE CHAIN REACTION  
    TAKAHIRO WATANABE 1,9,HIROSHI AKIYAMA 1,SOHEILA MALEKI 2,HIROHITO YAMAKAWA 3,KEN IIJIMA 3,FUMINORI YAMAZAKI 4, TAKASHI MATSUMOTO 5,SATOSHI FUTO 6,FUMIHIRO ARAKAWA 7,MASATOSHI WATAI 8,and TAMIO MAITANI 1
(1National Institute of Health Sciences,2Agricultural Research Service Southern Regional Research Center New Orleans,3Nisshin Seifun Group Inc.,4Morinaga Co.,5R&D Center Nippon Meat Packers Inc.,6FASMAC Co.,7San-Ei Gen F.F.I.Inc.,8Japan Food Research Laboratories Tama Laboratories)
 
    Journal of Food Biochemistry Vol. 30 215-233 (2006年)
 
     
  淡口醤油醸造における米タンパク質の分解・除去機構の検討  
    橋本裕一郎、古林万木夫、宮澤いづみ 1、松本貴之 1、田辺創一 2、谷内昇一郎 3
(ヒガシマル醤油株式会社・研究所、1日本ハム株式会社・中央研究所、2広島大学・大学院生物圏科学研究科、3関西医科大学・小児科)
 
    醤油の研究と技術 Vol.32, No.4, 233-236 (2006年)
 
     
  経口摂取ペプチドの血中検出 Detection and identification of Food-derived Peptide in Blood.  
    佐藤健司 1、岩井浩二 2、佐藤典子 1、井上美佐子 1、森松文毅 2
(1京都府立大学、2日本ハム中研)
 
    Bio Industry (2006年9月)
 
     
  DCPD/collagen Scaffold and Apatite Formation In Vitro
 
    Y.Honda 1, S.Kamakura 1, K.Sasaki 2, T.Anada 1, T.Masuda 1, O.Suzuki 1
(1東北大学、2日本ハム中研)
 
    Key Engineering Materials Vols. 330-332 (2006) pp. 479-482  (2006年9月)
 
     
  Stability of Regenerated Bone by Octacalcium Phosphate(OCP) Combined with Collagen  
    S.Kamakura 1, K.Sasaki 2, Y.Honda 1, T.Anada 1, T.Kawai 1, K.Matsui 1, S.Echigo 1, O.Suzuki 1
(1東北大学、2日本ハム中研)
 
    Key Engineering Materials Vols. 330-332 (2006) pp. 1315-1318 (2006年9月)
 
     
  Effects of carnosine and anserine supplementation on relatively high intensity exercise  
    前村公彦1、後藤一成2、吉岡利貢2、佐藤三佳子1、畑能久1、森松文毅1、高松薫2
(1日本ハム中研、2筑波大学)
 
    International Journal of Sport and Health Science Vol.4, 86-94, 2006 (2006年7月)
 
     
  Improvement in Isolation and Identification of Food-Derived Peptides in Human Plasma Based on Precolumn Derivatization of Peptides with Phenyl Isothiocyanate  
    井上美佐子1、大槻耕三1、中村考志1、朴 恩榮1、岩井浩二2、森松文毅2、佐藤健司1
(1京都府立大学、2日本ハム中研)
 
    J. Agric. Food Chem. Vol. 54, 5261-5266, 2006 (2006年7月)
 
     
  「医療機器・医療材料の安全性評価手法の開発に関する研究」
感染因子含有材料のin vivo 動態評価手法の開発
 
    土屋利江 1、`島由二 1、小園知 2、伊佐間和郎 1、長谷川千恵 1、平田陸正 3、佐々木和夫 4、畑江和夫 5 
(1国立医薬品食品衛生研究所、2神奈川歯科大学、3まつぞの薬局、4日本ハム中研、5コアフロント(株))
 
    平成17年度厚生科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合)研究事業 (2006年4月)
 
     
  「感染リスクの排除、同一性の確保、免疫反応、がん化等の抑制、及び培地等による有害作用の防止に関する研究」組織工学用スキャホールドのエンドトキシン試験法の確立と感染リスクの排除  
    土屋利江 1、`島由二 1、長谷川千恵 1、佐々木和夫 2、村井 敏美 3、中川ゆかり 3
(1国立医薬品食品衛生研究所、2日本ハム中研、3日本公定書協会)
 
    平成17年度厚生科学研究費補助金(ヒトゲノム・再生医療等)研究事業 (2006年4月)
 
     
  Octacalcium phosphate combined with collagen orthotopically enhances bone regeneration  
    S.Kamakura 1, K.Sasaki 2, Y.Honda 1, T.Anada 1, O.Suzuki1
(1東北大学、2日本ハム中研)
 
    Journal of Biomedical Materials Research Part B Published Online: 13 Apr 2006
 
     
  調理加工モデル食品を用いたアレルゲン検査用イムノクロマトキットの評価  
    森下直樹 1、松本貴之 1、高畑能久 1、森松文毅 1、上條茂徳 2、秋山恵利 3、有川奈津実 3、飯田知美 3、多勢加奈子 3、浜路麻衣 3、平岡里海 3、白柳利江子 3、豊田正武 3
(1日本ハム株式会社、2日本ベクトン・ディッキンソン株式会社、3実践女子大学)
 
    食品衛生学雑誌 第47巻 第2号 (2006年4月)
 
     
  Action Mechanism of an Angiotensin I-Converting Enzyme Inhibitory Peptide Derived from Chicken Breast Muscle  
    Saiga, A.; Okumura, T.; Makihara, T.; Katsuda, S.-I.; Morimatsu, F.; Nishimura, T.
  J. Agric. Food Chem. Vol.54, No.3, 942-945, 2006
     
  調理加工モデル食品を用いたアレルゲン検査用イムノクロマトキットの評価  
    森下直樹・秋山恵利・有川奈津実・飯田知美・多勢加奈子・浜路麻衣・平岡里海白柳利江子・上條茂徳・松本貴之・高畑能久・森松文毅・豊田正武
  食品衛生学雑誌 Vol.47 No.2 P.68 2006
     
  低アレルゲン化食肉製品および食物アレルゲン検証技術の研究開発  
    森松文毅、高畑能久
(日本ハム中研)
 
    農林水産技術研究ジャーナル(2006/2)
 
     
  Carnosine and Anserine ingestion enhance contribution of non-bicarbonate buffering  
    鈴木康弘1、中尾友美2、前村公彦3、佐藤三佳子3、鎌原一之2、森松文毅3、高松 薫2
(1国立スポーツ科学センター、2筑波大、3日本ハム中研)
 
    Medicine Science Sports & Exercise (Vol.38, No.2, 334-338, 2006)
 
     
  Consumption of pork-liver protein hydrolysate reduces body fat in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats by suppressing hepatic lipogenesis  
    清水宗茂1、田辺創一2、森松文毅1、永尾晃治3、柳田晃良3、加藤範久2、西村敏英2
(1日本ハム中研、2広島大、3佐賀大)
 
    Bioscience Biotechnology & Biochemistry(Vol.70, No.1, 112-118, 2006)
 
     
  アレルギー物質を含む食品の検査法 (社)日本べんとう振興協会著  
    高畑能久、森松文毅
(日本ハム中研)
 
    衛生管理システムII 食品微生物検査技士テキスト(2006/1)
 
     
  Action Mechanism of an Angiotensin I-convertion Enzyme Inhibitory Peptide Derived from Chicken Breast Muscle  
    雜賀 愛1、奥村朋之1、牧原俊和1、勝田新一郎2、森松文毅1、西村敏英3
(1日本ハム中研、2福島医科大、3広島大)
 
    J. Agric. Food Chem Vol.54, No.15, 5261-5266, 2006
 
     
  Simultaneous Determination of Residual Veterinary Drugs in Bovine, Porcine, and Chicken Muscle Using Liquid Chromatography Coupled with Electrospray Ionization Tandem Mass Spectorometry  
    山田良司1、小園正樹2、大森 丘1、森松文毅1、北山雅彦2
(1日本ハム中研、2愛媛女子短期大学)
 
    Bioscience Biotechnology & Biochemistry(Vol.70, No.1, 54-65, 2006)
 
     
  重炭酸緩衝能力と400m走パフォーマンスとの関係
 
    前村公彦1、宮下憲2、高松薫2(1日本ハム中研、2筑波大)
 
    陸上競技研究 (2005/10)  
     
  Identification of Food-Derived Collagen Peptides in Human Blood after Oral Ingestion of Gelatin Hydrolysates
 
    K.Iwai1, T.Hasegawa2, Y.Taguchi2, F.Morimatsu2, K.Sato1,Y.Nakamura1, et.al
(1京都府大、2日本ハム中研)
 
    J. Agric. Food Chem. (Vol.53, No.16, 6531-6536, 2005)  
     
  食肉および畜産副産物由来の機能性について
 
    山田良司、高畑能久
 
    畜産コンサルタント (2005/8)  
     
  特異的抗体を用いた醤油原料(大豆、小麦)の分解機構の検討  
    橋本裕一郎1、古林万木夫1、宮澤いづみ2、高畑能久2、田辺創一3、谷内昇一郎4
(1ヒガシマル醤油研究所、2日本ハム中研、3広大院、4関西医大)
 
    醤油の研究と技術 (2005/7)  
     
  筋肉中に残留する抗生物質および合成抗菌剤のLC/MS/MSを用いた同時分析
 
    山田良司1、小園正樹2、大森丘1、森松文毅1、北山雅彦2
(1日本ハム中研、2愛媛女子短期大学生命科学研究所)
 
    生活衛生 (2005/7)
 
     
  低アレルギー食品の開発と動向
 
    森松文毅、高畑能久
 
    食肉の科学 (2005/6)
 
     
  感染因子含有材料のin vivo動態評価手法の開発
 
    土屋利江2、`島由ニ2、長谷川千恵2、小園知3、佐々木和夫1
(1日本ハム中研、2国立医薬品食品衛生研究所、3神奈川歯科大学)
 
    平成16年度厚生科学研究費補助金医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 分担研究報告書 (2005)  
     
  LC/MS/MSを用いた食肉中の残留動物用医薬品の同時分析  
    山田良司1、小園正樹2、大森丘1、加藤道信1、森松文毅1、北山雅彦2
(1日本ハム中研、2愛媛女子短期大学生命科学研究所)
  生活衛生 (2005/5)
     
  Hyperbaric exposure with high oxygen concentration enhances oxidative capacity of neuromuscular units  
    石原昭彦1、川野文則2、沖浦智紀3、森松文毅3、大平義信2
(1京大人間環境学、2阪大、3,日本ハム中研)
 
    Neuroscience Research (2005/4)
 
     
  アレルギーを誘発する特定原材料の表示義務化に伴う食品の検査方法について  
    森松文毅、高畑能久  
  食品微生物検査技士テキスト (2005/2)  
     
  筋肉中に残留する抗生物質および合成抗菌剤のLC/MS/MSを用いた同時分析
 
    小園正樹※, 大森 丘, 森松文毅, 山田良司, 北山雅彦※
(※愛媛女子短期大学生命科学研究所)
 
    生活衛生 (2004/3)
 
     
  低アレルギー食品の開発と動向
 
    高畑能久、森松文毅
 
    食肉の科学 (2004/3)
 
     
  Brands as standard of choice (Imported Aussie beef quality and comparison with US beef)(日本市場でのchoiceグレードのブランド牛について)  
    Fleischwirtchaft 2/2005
 
     
  食品アレルギー物質迅速検査キット「FASTKITTMイムノクロマトシリーズ」
 
    ジャパンフードサイエンス Vol.43, No.4, 70-76,2004 (2004)  
     
  コラーゲン・グルコサミン混合液の摂取による関節マーカーの改善
 
    食肉の科学 Vol.45, No.1, 139-142,2004 (2004)  
     
  Sourness-suppressing peptides in cooked pork loin (加熱豚肉中の酸味抑制ペプチド)
 
    Bioscience Biotechnolgy Biochemistry Vol.68, No.8, 1657-1662,2004 (2004)  
     
  食品アレルギー物質迅速検査キット「FASTKITTMイムノクロマトシリーズ」について
 
    アレルギーの臨床 Vol.24, No.7, 43-48,2003 (2003)  
     
  市販ELISAキットを用いた醤油中の小麦アレルゲンの定量
 
    日本醤油研究所雑誌 Vol.44, No.1, 135-138,2003 (2003)  
     
  コラーゲン・グルコサミン混合液の摂取による関節マーカーの改善  
  体力科学 (in press) (2004)
     
  アレルゲン除去食品と特定原材料検査キットの開発  
    FOOD Style21 Vol.8, No.2, 56-61 (2004)
 
     
  Physicochemical properties of water-soluble myofibrillar proteins prepared from chicken breast muscle  
    Animal Science Journal 75,59-65 (2004)
 
     
  ニワトリから開発した機能性食品素材  
    ジャパンフードサイエンス 1月号 (2004)  
     
  ELISA法によるアレルギー特定原材料の検出  
    JAFAN Vol.23, No.4, 174-182 (2003)  
     
  特定原材料(卵)測定の厚生労働省通知ELISA法の複数機関による評価研究  
    日本食品衛生学雑誌 Vol.44, No.5, 213-219 (2003)  
     
  カルノシン・アンセリン含有鶏胸肉エキス「CBEX(シーベックス)」の開発  
    Food Style 21 9月号(2003)
 
     
  FASTKITエライザシリーズによる特定原材料の検査事例  
    食物アレルギー研究会会誌 Vol.3,No.3,102-105(2003)
 
     
  Survey of conditioning indicators for pork loins  
    Meat Science : Vol.64,467-473 (2003)  
     
  Angiotensin T-Converting Enzyme Inhibitory Peptides in a Hydrolyzed Chicken Breast Muscle Extract  
    Agricultural and Food Chemistry : Vol.44,No.1,135-138(2003)  
     
  トリ胸肉抽出物(CBEX)長期摂取が骨格筋中カルノシン濃度と短時間高強度運動パフォーマンスに及ぼす影響  
    体力科学52巻3号  Vol.52,No.3,255-264(2003)
 
     
  経口摂取したニワトリI型II型コラーゲンペプチドの血中吸収  
    食肉の科学 Vol.44,No.,1,139-142 (2003)  
     
  肉用鶏(ブロイラー)を利用した機能性食品素材の開発  
    月刊フードケミカル 5月号27-31 (2003)  
     
  食物アレルギー表示の適正化に向けて  
    食品工業 Vol.46,No.8,1-11(2003)
 
     
  食肉加工品における「FASTKITエライザシリーズ」による特定原材料の検査事例  
    食肉の科学 Vol.51,No.6,1714-1745(2003)  
     
  トリ胸肉抽出物(CBEXTM)の経口摂取が高強度間欠的運動パフォーマンスに及ぼす影響  
    体育学研究 Vol.49,No.2(2003)  
     
  走行運動による筋肉の傷害に対するトリ胸肉抽出物摂取の影響  
    必須アミノ酸研究 No.167,89-91(2003)  
     
  アレルゲンフリー食品の現状と将来  
    環境管理技術 Vol.21,No.3,21-25(2003)  
     
  特定原材料検査キット「FASTKITエライザ」の開発と応用  
    FFIジャーナル206:(2002)  
     
  「新しいお肉」で高齢者の幸せな食創り  
    FOOD Style 21.4(8):10-11(2000)
 
     
  アレルギー患者IgE抗体が結合する鶏肉タンパク質の同定  
    日本家禽学会誌 37(4):228-233(2000)  
     
  分離大豆タンパク質を添加したハンバーグ摂取による軽度高コレステロール血症を示す成人男子の血中コレステロール改善作用  
    Therapeutic Research 21(8):1985-1991(2000)  
     
  食肉アレルギー患者のIgE抗体の特性
(IgE-antibody specificities of the patients allergic to meat products)
 
    Anim Sci J.71(5):494-500(2000)  
     
  豚肉加水分解物による高コレステロールウサギの血中コレステロール上昇と動脈硬化の予防
(Papain-hydrolyzed pork meat reduces serum cholesterol level and premature atherosclerosis in dietary-induced hypercholesterolemic rabbits)
 
    J Nutrition Sci Vitaminol.46(4):180-187(2000)  
     
  食肉副生物の高度活用  
    食肉の科学 40(1):57-60(1999)  
     
  食肉アレルギーを起こしにくい食肉加工品の開発  
    食品工業.42(4):1-5(1999)  
     
  鶏コラーゲンの効果と応用商品  
    FOOD Style 21.3(8):45-48(1999)  
     
  食肉アレルゲンの解析とその低減化方法について  
    食肉の科学.40(1):177-179(1999)  
     
  レポートのトップページ >>